5.30 西東京探偵BLOG

敵は身内にあり?


探偵会社に調査の依頼をする際

特に気をつけなければならない事があります。

なんだと思われますか?

“悪徳な探偵に引っかからないようにする”

多くの方がそう答えるかもしれません。
もちろん間違いではありませんし大切な事です。


しかし今回お伝えするのは
ご依頼者様ご本人に関わる重要な問題であり
仮に相手が超優良な探偵会社であったとしても
問い合わせや相談をする段階から細心の注意を払わなくてはならな
というお話しをしていきます。


結論から申し上げると
【悪徳探偵よりも身近な人間に気をつけろ】
です。

あなたが使用するその電話は盗聴されていないと言いきれますか?
探偵に問い合わせたメールの内容を知っているのは本当にあなただけですか?
探偵との面談場所へ向かう道中誰かに尾行されていないですか?

大袈裟じゃない?と思われた方
そんな事ないんです。

パートナーが自分に対して何かしらの疑惑を持っている事を察し
いえ特に理由がなかったとしても
パートナーの行動を監視する
これはよくある話です。

電話機や部屋の中、車内などに盗聴器を仕掛け
後で回収して会話の内容を確認するのです。

盗聴器など購入しなくても
ICレコーダーや携帯電話端末があれば会話の内容を把握することができます。
またパソコン・携帯の閲覧履歴やメールの送信履歴から情報を入手することもできます。


これらは身近な人間であればあるほど
容易に行うことが可能だということです。

現在では様々なアプリやソフトが開発されていますので
独自の監視アプリを開発して
知らぬ間にパートナーの携帯やパソコンにインストールしていた。

このレベルまでいくと完全に防ぐ事も難しいので
「専門家に相談するか全て買い替えて下さい」
となってしまいますが

通常であれば以下の点を注意するだけでも
周囲に情報を与えないという意味では
効果があると思います。

今回はご家族やパートナーと共に生活されている方を対象としてお伝えしています)
■盗聴の可能性がある場所で重要な話しをしない

■パソコン(メールアドレス)は共有しない
→メールの内容を見られる可能性があります

■共有する車や合鍵の取り扱いには充分気をつける
→車内に録音機器やGPSを設置される可能性があります

■SNSの投稿内容に配慮する
→投稿内容から生活パターンや最近会っている人間を推測し
そこから情報を得る事も出来ます

■秘匿性の高い内容を送る場合の連絡ツールは新規に取得する
→既にパスワードを知っていたり
情報を盗み出すアプリなどもあります

■携帯電話のパスワードを変更する(調査終了まで定期的に変更する)
ご家族があなたのパスワードを知っている可能性があります

■携帯電話の指紋認証/顔認証機能は調査が終了するまでオフにす
→就寝中にあなたの指や顔を使いロックを解除することもできます

■探偵会社の人間に会う時は尾行などに注意する
→パートナー自身が、あるいは第三者を使い
行動を把握しようとする可能性もあります

■これらに注意しながらも今まで通りの日常を過ごすよう心がける
行動パターンを変えない)
→ ”何かいつもと違う” ”様子がおかしい” など
疑っていることを相手に悟らせない事が重要です

もしあなたが探偵を利用する場合
本当に信用できる人以外にはその事を話さない方が無難でしょう。

探偵に相談している事や依頼した事が周囲に知れると
その後の調査活動に悪影響を及ぼす可能性があります。

またそれらの情報がいつどこでターゲットの耳に入るか分からない
という意識を持ってください。

こんな事ばかり書いていると人間不審になってしまいますね m(_ _)m

あくまで調査の相談や依頼をする場合はという事ですので
ご了承ください。

ほとんどの方には関係ないお話しだと思いますが
そんなこともあるんだ)
と頭の片隅にでも置いて頂ければ幸いです。