通常の行動調査では得る事が難しい証拠であっても、あなたが現在お持ちの情報を基にしたデータによる調査を行う事で事実が判明することがあります。
例えばお金を貸している交際者の住所がでたらめで勤務先が不明であっても、名前や生年月日は把握している場合、または債権者に対する資産隠しなどが疑われる場合などが挙げられます。
またデータによる調査で得た情報と合わせて実際に尾行や張り込みを行う事で、より信憑性の高い証拠を得られる場合があります。


※現在お持ちの情報やご相談の経緯によりデータによる調査が可能か否かの確認が必要となります。お気軽にお問い合わせください。